タグ:都市 ( 13 ) タグの人気記事
2006年 08月 16日
走行距離1200kmの旅 (04 名古屋市内)
初日、出発がかなり早かったこと、移動距離が結構あったこともあり、前日に取っておいた名古屋市内の安い宿に向かう。

初めて名古屋に上陸(?)した驚いたのは、すごい都会だって事(失礼!)。
だって、都市環状高速道路とか走ってたり、都心のエリアが広かったり。
仙台で6年間暮らした僕には、地方都市となると仙台を基準にしてしまう癖があって、福岡行ったときも、札幌行ったときも、仙台よりでかくてびっくりさせられるんだよね。

そんなわけで宿に荷物を置いて街にくりだす。
b0044560_22292156.jpg
b0044560_2229281.jpg
手ぶらだったからケータイカメラで撮影。

実は生まれてから大阪に行ったことがない僕にとっては、名古屋の個性の強さでさえ驚いてしまった。
派手だと思ったよ、ここの人たち。


まぁそんなわけで(?)、酒飲んで酔っ払ってこの日は寝ました。
[PR]
by ryoexit | 2006-08-16 22:37 | 建築・都市
2006年 08月 16日
走行距離1200kmの旅 (00出発)
16日未明~18日夜まで愛知、岐阜、静岡、長野あたりの建築を見る、走行距離1200kmの旅に行ってきた。

今日はもう眠いのでまた今度詳細書きます。
b0044560_0134963.jpg
b0044560_0135666.jpg

初日の朝、高速を走りながら見た2つの虹。
[PR]
by ryoexit | 2006-08-16 00:03 | 建築・都市
2006年 07月 17日
スタディ#01 本城直季氏のジオラマみたいな写真@スペイン
2004年春、スペインに行って来た時に撮った写真で、またやってみました。

b0044560_0244547.jpg

b0044560_024553.jpg

b0044560_025563.jpg

b0044560_0251648.jpg

b0044560_0252574.jpg

b0044560_0253586.jpg


東京で撮った写真とは異なる雰囲気が出ていると思う。
[PR]
by ryoexit | 2006-07-17 22:00 | 建築・都市
2006年 07月 13日
スタディ#01 本城直季氏のジオラマみたいな写真@東京
前々から写真家・本城直季氏のジオラマみたいな写真って、どういう風にしたら撮れるかなぁ、って思っていたので、ちょっとチャレンジしてみた。

b0044560_250339.jpg

b0044560_221096.jpg

b0044560_22198.jpg

b0044560_222641.jpg

b0044560_223329.jpg

b0044560_224292.jpg

b0044560_225067.jpg

b0044560_225814.jpg


デジカメで撮ったものを、後からぼかしたりしてみた。

スタディして気付いたこと。
・構図がとにかく大事。
・全体のトーン(色相、彩度、明度)も大切。 
・映像って分野の難しさ。
比較的速いサイクルでつくれるので、手法的に人より先にオリジナリティを出してもすぐに追従さ(パクら)れてしまう可能性がある。
いかに、他人には真似出来ない”質”を出せるか。そのためには自分の中に他人には無い独自のものを持つことが大切だと感じた。
でも実はそれって、どの世界にいても同じことがいえると思った。
あと、自分が作った居心地のいいところに居続けちゃいけないとも思った。


これからもたまに、こういう風なことしてみてもいいかなぁって思って、スタディシリーズってのをつくってみた。
続くかは分からないけど。
[PR]
by ryoexit | 2006-07-13 02:14 | 建築・都市
2006年 06月 09日
アフリカ・リミックス:多様化するアフリカの現代美術
仕事帰りに森美術館に行く。
「アフリカ・リミックス:多様化するアフリカの現代美術」
を観る。

植民地化によってこれまで培ってきたモノが剥ぎ取られてしまい現在もその深い傷跡と共に生きている、という背景をテーマにしたアーティストが多くいたように思う。
そのように苦しんでいる人々がいるという状況も、地球という大きな秩序でみれば今の自分の状況をつくっているということを感じた。
やっぱり同じ地球で生きている限りどこかで繋がっている、ということを忘れちゃいけないと思う。

そのような比較的重たい作品が並ぶ中で、個人的に気に入ったのは、
ジョルジュ・リランガ=ディ=ニャマというアーティスト。
非常に芯の強いタイトルと彩りやタッチが心に残った。
b0044560_144380.jpg
正確なタイトルは忘れてしまったのだけど、「町は人々の活動があることで成り立ち、人々は町があることで成り立つ」的なタイトルの作品が左の大きな絵画のやつなのだけど、人よりお金で町がどんどん塗り替えられている今の日本を鑑みると、他の事に関しては分からないけど、人が成り立つ本当の根っこになる町に関しては、長い時間の中で捉えるとお金よりも人であったり人の活動が優先されるべきじゃないかと思っていたので、こんなに素直に言われるとなんか当たり前の事が出来てないよなぁ、とか考えてしまった。



んで、相変わらずこの美術館に来ると、ここの主は多分、俺が天下だ、とか考えてるだろうなぁ、と感じてしまう。
それはさておき夜景を撮っていたら、青空が月のまわりにだけ現われたので、みてみてください。
b0044560_1554185.jpg

[PR]
by ryoexit | 2006-06-09 22:13 | 建築・都市
2006年 03月 11日
東京都現代美術館/転換期の作法
東京都現代美術館で「転換期の作法~ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーの現代美術」を観てきた。

この展覧会では、中東欧地域(ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリー)の現代美術を紹介している。
この4カ国は、1989年に社会主義体制が崩壊、2004年にはEUへの加盟を果たしたが、古い価値体系が覆された後にやってきたのは、必ずしもユートピアという訳ではない。弱者救済の措置が十分に執られることもないまま、貧富の差は開く一方。
そんな「資本主義的ジャングル」の渦中にいる作家たちによる作品が並ぶ展覧会。
b0044560_0592135.jpg


気になったのは、4人グループの「AZORRO(アゾロ)」。
映像を主とした作品で、4人がただ、だらだらと話したり、ちょっと街でいたずらをしてみたり、とゆる~い空気感を放っている。
『「Everything has been done 1 2.(全てやられてしまったⅠⅡ)』は、「まだ誰もやっていないことをやろう」と、4人でアイディアを出し合うが、「それはもう○○がやってる」とか言って、結局議論は全く先に進まない。
b0044560_2325311.jpg

なんだか、誰しも一度はした事のありそうな会話が淡々と流れている映像が、妙に可笑しくもあり、ちょっと美しくもあった。
[PR]
by ryoexit | 2006-03-11 15:33 | 建築・都市
2006年 03月 10日
ディズニーシー
ディズニーシーに行ってきました。

雨ですごく寒かったけど、かなり楽しかったー。
b0044560_23503959.jpg

やっぱりここの徹底したディテールはすごい。
内装とかサービスを含めて。

ディズニーランダゼーションとかいう言葉を建築業界で聞くけど、こういう時はあんまり深く考えないようにしようっと。
b0044560_23535554.jpg

[PR]
by ryoexit | 2006-03-10 23:49 | 日常
2006年 01月 19日
MVRDV KM3
気になる本が出る。
MVRDV  KM3
b0044560_04316.jpg
現在および未来の居住密度をテーマに、前作品集「FARMAX」以降の全てのプロジェクトを収録し、MVRDVの三次元=KM3構想を詰め込んだコンセプトブック。1408ページのボリューム、DVD付き。

だそうだ。
1408ページというボリュームとか、
㎥からk㎥へっていうタイトルとか、
相変わらず、彼ららしい感じ。
従来のスケール感を逸脱させたいのかな。
「FARMAX」が約750ページで厚さが5.5cmくらいだったから、その倍!
厚さ11cm?!
重そう。
今回はどんな新しい手法で建築・都市に挑んでるんだろう。楽しみである。

amazonで検索してみたら、3月以降に手に入るらしい。
気になる。が、でかいし、ちょっと高いし。迷うところだ。

そういや、知らなかったけど、2007年に彼ら表参道デビューするみたいだね。
omotesando
[PR]
by ryoexit | 2006-01-19 22:35 | 建築・都市
2005年 12月 30日
INAX Renovation Forumで原稿を書きました
b0044560_124684.jpg
INAX Renovation Forum というサイトで原稿を書きました。
以前ここで紹介した「山形/蔵」で取材してきたものをまとめたものです。
「リノベーション・アーカイブス」といって、リノベーション事例を事典的に紹介している1つとして取り上げられています。
Renovation Archives [065]《蔵・オビハチ》
というところです。是非見てみてください。

しかし、なんか不思議な感じだな。
このサイトは卒業設計とか論文の時に結構活用してて、今度は自分がそこに関わることになるなんて、うれしい限り。
今後も関わって行きたいな。
[PR]
by ryoexit | 2005-12-30 18:20 | 建築・都市
2005年 12月 02日
山形/蔵
金曜のことになるけど、山形に行ってきた。

山形市に2時くらいに着く。
寒い。そりゃ行きの高速で雪、降るわ。
b0044560_0402434.jpg
到着した場所:山形芸術工科大学には多分4度目。
今まで何度かレクチャーで来たことがある。
b0044560_23571937.jpg
そこから山形の市街地を望む。
まちと大学との距離は、仙台-東北大工学部に近いものがある。

その後、ヤマガタ蔵プロジェクトへの取材をする。

彼らは、山形に多くある蔵が無くなったり空いたりしている状況を見て、それらを市民・学生が集える場として再生することから地域活性化、まちづくりを志す学生主体の団体です。彼らの活動を見て、まちづくりでは建物を扱うだけではなくて、フリーペーパー発行、イベント開催などいろんな働きかけを定期的・持続的に行うことこそ大切だ、ということを改めて実感しました。しかもそれを行っているのは学生が主体。パワー感じます。自分の研究室はどれだけ学生主体でモノを動かせているかな?と考えてしまう(まぁ、この場合比較できないかもしれないけど。有志団体と大学の研究室。)とちょっとつらい。

それが終わって街へ!
って時にはもう夕暮れ。しかも雨(みたいな雪みたいな)。
b0044560_021674.jpg

それでも、蔵プロの方々がとても親切にまちに点在している蔵を案内してくれました(寒い中ほんとにありがとうございました!)。
まちは、戦後以降につくられたであろう建物が多くを占めていたけど、その中でポツンポツンと周囲の建物と明らかに風格が違う蔵が現われる。
b0044560_02554.jpg

これは漬物屋さん(とてもおいしく試食させていただきました)と、料亭が一体となっていたところにあった蔵。多分、この蔵は客室として使われていたはず。

ちなみに蔵は大きく3つ(正しいかはわかりません。あしからず。。)に分けられるそうです。
1.荷蔵。
その名の通り、倉庫のようにモノを貯めておく蔵。
2.座敷蔵。
畳が敷いてある蔵。普通に住む場合も多く、茶室のようになっているものもあるらしい。
3.店蔵。
店舗として利用される蔵。その役割から路面に面していることがほとんど。

で、山形に多いのは、1.荷蔵と2.座敷蔵だそうで、
そうなると蔵が街並みに出ているものは少ないわけです。
敷地の奥の方にあったり、住宅地の中だったり。
しかも最近、道路拡張整備をしていて、道路を拡げたり、伸ばしたりする中で蔵が消失しているそうです。

そんな中、道路が敷地を裂くようにして通ることで、家の裏側にあった空き蔵が露わになってしまう!という家主さんが2003年に蔵プロと共同でその蔵の再生を行って、カフェ・ギャラリーにした、蔵・オビハチさんにお邪魔しました。
b0044560_0544584.jpg
b0044560_056295.jpg
オーナーである小嶋さんと蔵プロの方々とおいしい夕食を戴きながら、興味深いお話をたくさん伺いました。
詳しくはいつかどこか(なんか曖昧ですいません)で紹介するとして、ここではとても驚いたことを1つ。

曳舞(or 引舞=ヒキマイ)って知ってますか?
建築物を解体せずにそのまま水平移動させて、他の場所に移すこと。
だそうで、僕は全く知りませんでした(大学院生として情けない)。
この蔵は2度の曳舞の結果、現在のところに至ったそうです。
建築が動くって!しかも普通に動かすように作られたわけでもないものが!
って結構驚いてしまいました。
昔は結構普通に行われていたようで、1日で1,2メートル動くらしいです。
まぁ、要はピラミッドの石を動かすのに近いそうな。
とにかく気になります。テレビのドキュメンタリーとかでないかな?

とちょっと話は飛びましたが、
帰りの高速ではもうこんな状態で、
b0044560_16368.jpg
安全運転で仙台に無事帰ってきました。


この日から仙台でも雪だよね。
これからどうなってしまうのだ?!まだ12月上旬なのに。
[PR]
by ryoexit | 2005-12-02 23:00 | 建築・都市



新宿勤務,建築社会人の日々。建築/都市/映画/小説/漫画/音楽/日常について思ったことを。
by ryoexit
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
建築・都市
映画
小説・漫画
音楽
日常
タグ
以前の記事
2010年 08月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
Links →
ライフログ
映画編
漫画編
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧