タグ:写真 ( 27 ) タグの人気記事
2009年 12月 22日
これまでに撮ってきた写真をアップしていこう
ブログをアップしなくなって、2年以上空けていたので、
さすがにこのブログの存在も忘れられていると思うのですが、
折角なので、このまま続けようかと考えている。

そのためにもブログ復帰のためのリハビリ期間として、
これまでに撮ってきた写真をアップしていこうと思う。
2007年10月から2009年12月までの自分の記憶を忘れないよう、
少しでもせめてWEB上にも定着させる意味を込めて。

日付は当時のものにするので、下の方にアップされていくことになります。
あんまり文章とか書かないと思うので、適当にご覧ください。
[PR]
by ryoexit | 2009-12-22 00:13 | 日常
2007年 05月 19日
海の博物館@三重県鳥羽
もう一ヶ月以上前に行ったところだけど、忘れないようにメモしておこう。

金曜日に名古屋に出張して、急に海の博物館に行くことを思い立ち、その日は名古屋に泊まる。
実際は2時過ぎまで飲んだくれてたけど。

次の日、夕方5時半までに池袋にいかなくては行けなかったので、
朝6時の近鉄・鈍行で南へ向かう。
ベロベロに酔ってた上に、睡眠2時間たらずで起きた自分にびっくり。

鳥羽駅に9時過ぎに到着。
そこからバスに揺られて30分。
ほんと、遠いわ、ここまで4時間弱。
東京から名古屋が1時間ちょいなのになぁ。
でも、まわり見回してもだーれもいない。東京じゃ、あり得ないな。
太陽の光は気持ちいいし。
とか、スーツ姿で歩きながら考えていたら、見えてきました!
b0044560_27157.jpg
b0044560_2104870.jpg

正面に着いたときは感動。

b0044560_212493.jpg
b0044560_213057.jpg
b0044560_2254881.jpg

展示物は半分無視(ごめんなさい。。)で内部空間をじっくりと見る。
必要なところに丁寧に力と思いが込められていそうなディテール。
感嘆する。
b0044560_2161190.jpg

内部空間もすばらしいけど、棟の配置も絶妙。
b0044560_2114358.jpg

大きな瓦屋根の面が波のように流れるランドスケープを作り出していた。
初めて瓦に興味を持った。
日が当たると、もともとは黒いはずなのに釉薬が面を鈍く反射させて白っぽく見えたり、色んな表情を見せてくれる。
b0044560_2192126.jpg


b0044560_2282284.jpg

倉庫棟は幻想的だった。こっちはPCを使っていて、向こうの木といい、素材の特徴を最大限引き出そうとしているように見えた。

スケジュールはバッタバタだったけど、
ゆったり2時間、癒されてきた感じでした。

ぶらり一人旅も悪くない。
京都・円通寺編へ続く。
[PR]
by ryoexit | 2007-05-19 09:50 | 建築・都市
2007年 04月 01日
石神井川の夜桜
石神井川の夜桜を見てきました。
板橋駅から住宅地を歩くと現われるこの川。
ローカルな感じがして、人もすくなくて、でも桜はキレイでよかった。
b0044560_0594446.jpg
b0044560_0594924.jpg

[PR]
by ryoexit | 2007-04-01 22:57 | 日常
2006年 12月 11日
再見!/ククルカンproject#001『クローバー:冬』
お久しぶりです。
全然更新してなかったけど、僕は元気です。

10月から11月まで現場研修に行ってきてました。
今までスーツのままで半日見て回るといった具合でしか、現場を見たことがなかったので、作業着を着ていたこの一ヵ月半の経験を大きいと思う。
あれだけの職人が毎日体と手と頭をつかって、時間をかけて作り上げていくしか建築をつくる方法はないということを再確認しました。
図面の線一本一本が、何を意味していて、どういう風に職人が体を使ってそれを作っていくのかを想像することが少しは出来るようになりました。
そして、まだまだ勉強することがたくさんあることがよくわかりました。
これからも日々精進です。


さて、折角なので、今日みてきたものを。
ククルカンproject#001『クローバー:冬』
という舞台をNEWEST石川さん経由で知り、観に行く。
演劇はほとんど観た事がなかったので、100分近く目の前で演技をし続けている俳優さんたちに脱帽でした。
途中からは演技なのか、日常をみているのか分からなくなるくらいな感じで観てました。
身体とそこから発せられる声という最も根源的なツールで何かを伝える強さを感じた。
数十センチという距離で見れたこともすごくよかった。
b0044560_055775.jpg
石川さん達がデザインした会場。


それと土曜日も、三軒茶屋で演劇を観た。
こっちは、舞台のためにつくられた曲にベースで参加したということもあり、観に行く。
音楽が違和感なく舞台と融合しててよかった。


なんだか、演劇を結構観た週末でした。
また演劇を観に行こう。
[PR]
by ryoexit | 2006-12-11 00:57 | 日常
2006年 08月 15日
お盆2006
日立の実家でお盆を過ごす。

12日は水戸で高校時代の友人と3人で飲む。
飲んでた飲み屋に偶然、同じ高校の同期のサッカー部飲みがあって、彼らとも話す。
やっぱり水戸一高は面白い人が多いと思った。
去年やったけど、また早いうちにクラス19飲みをやろうと決意。

13日は家族でお墓参りしたり、買い物行ったり、ご飯を食べたりした。
水戸の京成百貨店が変わっててびっくり。
あと前の日に見たんだけど、エキナン(この言い方わかるかなぁ)もすごい変わっててどこだか分かんなくなった。
夜、中学の友達と飲んで、そのあと海に行く。
懐かしいなぁ、このあたりは。

14日は親族が集まってご飯を食べた。
海が近いので写真を撮りに行ったりする。
b0044560_23375233.jpg
b0044560_2338337.jpg

b0044560_23381251.jpg


なんだか日立に帰ってもいつもバタバタとどっか行ったりしててゆっくりしていないなぁ、と思いながら、15日は朝早く出て直接新宿に出勤。

しかし気が付いたけど、酒がほんとに好きになってるんだよね、いつの間にか。
別に強くないけど。
飲んでばっかだわ、最近。
[PR]
by ryoexit | 2006-08-15 23:59 | 日常
2006年 07月 17日
スタディ#01 本城直季氏のジオラマみたいな写真@スペイン
2004年春、スペインに行って来た時に撮った写真で、またやってみました。

b0044560_0244547.jpg

b0044560_024553.jpg

b0044560_025563.jpg

b0044560_0251648.jpg

b0044560_0252574.jpg

b0044560_0253586.jpg


東京で撮った写真とは異なる雰囲気が出ていると思う。
[PR]
by ryoexit | 2006-07-17 22:00 | 建築・都市
2006年 07月 13日
スタディ#01 本城直季氏のジオラマみたいな写真@東京
前々から写真家・本城直季氏のジオラマみたいな写真って、どういう風にしたら撮れるかなぁ、って思っていたので、ちょっとチャレンジしてみた。

b0044560_250339.jpg

b0044560_221096.jpg

b0044560_22198.jpg

b0044560_222641.jpg

b0044560_223329.jpg

b0044560_224292.jpg

b0044560_225067.jpg

b0044560_225814.jpg


デジカメで撮ったものを、後からぼかしたりしてみた。

スタディして気付いたこと。
・構図がとにかく大事。
・全体のトーン(色相、彩度、明度)も大切。 
・映像って分野の難しさ。
比較的速いサイクルでつくれるので、手法的に人より先にオリジナリティを出してもすぐに追従さ(パクら)れてしまう可能性がある。
いかに、他人には真似出来ない”質”を出せるか。そのためには自分の中に他人には無い独自のものを持つことが大切だと感じた。
でも実はそれって、どの世界にいても同じことがいえると思った。
あと、自分が作った居心地のいいところに居続けちゃいけないとも思った。


これからもたまに、こういう風なことしてみてもいいかなぁって思って、スタディシリーズってのをつくってみた。
続くかは分からないけど。
[PR]
by ryoexit | 2006-07-13 02:14 | 建築・都市
2006年 06月 30日
レンズに入ってきた光を感知する
という機構であるカメラ(実際きちんとしたことは知りませんが。。)。

カメラは目に見えているものをそのまま写してくれるというもの、として認識されやすい。というか僕はそれに近い感覚でいた。
でも最近、マニュアル操作の出来るカメラを使うようになってから、それは少し変わった。

目に見えるものと違う、という意味で面白いのが夜に撮る写真。
b0044560_093293.jpg
b0044560_010027.jpg
b0044560_0102431.jpg


b0044560_011698.jpg
b0044560_0104410.jpg
b0044560_0114230.jpg


なんかもっと面白いことできそうだなぁって思ってたら、徹底してその面白さを追及している人がいた。

坂口トモユキ

ぬめっとした質感。
日常的な団地の風景のはずなのに、まるで映画のセットのような世界。
ゾクっとする写真がいっぱいあった。
[PR]
by ryoexit | 2006-06-30 00:23 | 日常
2006年 06月 27日
横浜・八景島シーパラダイス
ここに行ったのは結構前のことになるのだけど、アップしてなかったので今になってアップ。

b0044560_1331070.jpg
エントランス近くにいたきれいな色の魚。名前忘れた。。

b0044560_1331670.jpg
どう見ても犬だ、こいつは。
ゴマフアザラシ(アシベのゴマちゃんね)の子どもだって。
アザラシって実はイヌ科らしいよ。

b0044560_133528.jpg

b0044560_1332944.jpg
b0044560_13436.jpg
おっきな水槽。なんかそれぞれが思うがままに過ごしてる感じだった。

b0044560_1342073.jpg

b0044560_1341333.jpg
クラゲ。
きれいだわ、こいつら。・・・照明のおかげなのか?わからん。
しかし、ほんと彼らは何を考えて生きてるんでしょうか?

b0044560_1342875.jpg
最後は、天使とか呼ばれてる彼。
実際獲物を食べる姿は相当エグイらしい。

あー、写真見てるだけでも癒されるわ。
癒されたといえば、ショー。
シロイルカ、かわい過ぎました。
写真うまく撮れなかったけど。
また会いに行きたい。
[PR]
by ryoexit | 2006-06-27 01:43 | 日常
2006年 06月 19日
海野未来雄/WILDERNESS ~モンゴル、2005年夏冬~
半月前ほどに行った再春館ギャラリーに、また行く。

今回は、前回ここでお話した写真家・山田朋和さんから、海野さんのモンゴルの写真を薦められて、是非見たいと思っていたところ、丁度近くで用事があったので立ち寄った。

今回個展を開いている海野未来雄さんは、モンゴルに1年ほど留学していたそう。
そんなモンゴルで2005年の夏と冬に撮ってきた写真を中心とした個展だ。
そんな中、印象的だった写真は、荒野を裂くように掘り進められた溝が撮られたもの。
モンゴルの奥地といえども、インターネットのインフラの需要はある。
町と町(或いは村と村)をつなぐインフラは今や道だけではない。
その広大な荒野に長く続く掘られた先にある生活はきっと非常に地に根ざしたものだ。
けれども、情報技術の発達によってそれは大きく変わる脆さを持っていると思う。
どういう風に彼らの生活に入り込んでいっているのか、とかそんなことを考えていた。

もうひとつ気になったのは、モンゴルの映画館の話。
モンゴルは社会主義の頃、映画館が無い町や村では、ラクダやトラックなどが映画を映写する機器をサーカスのように運びながら各々の地域を回って、人々に映画をみせていたそうだ。
人々がたまにやってくる映画を外の広場かどっかで観ている光景はなんだかいいなぁと思った。
ところが、社会主義が終わった今、映画サーカスはなくなってしまった(たぶん国がその活動をしなくなったのだと思う)そうで、彼はそれをなんとか復活させるために村々を回ってそれまで映画を運んだりする仕事をしていた人達にインタビューをするなどの活動をしているそうだ。
なんとかモンゴルの映画サーカスの復活を応援したいなと僕も思った。

後、写真について言うと今年の春に撮ってきた写真をブックで見せてもらったのだけど、それが個人的には非常に気に入った。
やっぱり写真はなぜいいと思うかうまく言葉にできない。
最近気付いたのは、結構シンプルなのが好きなんじゃないかと思っているが。
[PR]
by ryoexit | 2006-06-19 23:59 | 建築・都市



新宿勤務,建築社会人の日々。建築/都市/映画/小説/漫画/音楽/日常について思ったことを。
by ryoexit
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
建築・都市
映画
小説・漫画
音楽
日常
タグ
以前の記事
2010年 08月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
Links →
ライフログ
映画編
漫画編
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧