<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2006年 12月 18日
今年観た映画2006 改
今年○○したシリーズ第三弾。映画編。忘れてたのを追加しました。

「マイ・アーキテクト」
「嫌われ松子の一生」
「ローズ・イン・タイドランド」
「ブロークン・フラワーズ」
「インサイドマン」
「時をかける少女」
「サムサッカー」
「木更津キャッツアイ・ワールドシリーズ」
「明日へのチケット」
「虹の女神」
「有頂天ホテル」(追加)
「カポーティ」(追加)
「ゆれる」(追加)
「イカとクジラ」(追加)

DVDで観たのは、
「スパニッシュ・アパートメント」
「コープス・ブライド」
「空中庭園」
「青い車」
「間宮兄弟」
「キンゼイ・レポート」
「ドッグヴィル」
「マグノリア」
「めまい」
「ミース・ファン・デル・ローエ」(追加)
「コーポレーション」(追加)
「12人の怒れる男」(追加)
「ファーゴ」(追加)

多分他にも幾つかある気がするが思い出せず。
まぁ思い出せない程度のものだったということで。

今年一番やられたのは、「虹の女神」。
なんか、日常の描き方がうまい。そしてみんな演技がすごい。
多分この時期(学生→社会人)に見たから余計にシンクロしたのかな。
「明日へのチケット」も、さりげなくいい映画。
3人の監督のコラボレーション。
爽やかなラストで、観終わったあと拍手をしたくなった。
DVDで観た「スパニッシュ・アパートメント」もよかった。
「木更津キャッツアイ・ワールドシリーズ」は、シリーズを全部見てない僕が見ても楽しめた。
宮藤官九郎は人を選ぶ気がするけど、僕は合ってると思う。
「マイ・アーキテクト」は、また観たいからDVD買おうっと。
[PR]
by ryoexit | 2006-12-18 22:08 | 映画
2006年 12月 17日
今年聴いたアルバム2006
今年○○したシリーズ、アルバム編。iTunesよりコピペ。

Air's Note/Takagi Masakatsu
Clap Your Hands Say Yeah/Clap Your Hands Say Yeah
Declaration of the Independence of the imagination and the Rights of Man to His Own Madness Ⅰ/Fossa Magna
Ecology Of Everyday Life/Kenji Ozawa
Friendly Fire/Sean Lennon
Good morning/SPECIAL OTHERS
LOVER ALBUM/クラムボン
My FOOT/The Pillows
On High/Soundpool
Sensuous/Cornelius
Since/Spangle Call Lilli Line
The Eraser/Thom Yorke
The Information/Beck
The Voyage/Sleep Walker
Wave/YUKI
Yours to Keep/Albert Hammond, Jr.
大人/東京事変
オハナ百景/Ohana
コヨミポッド/plingmin
はじめてのやのあきこ/矢野顕子

2006以前に出たアルバムで新しく聴いたもの
( )/Sigur Rós
Ágætis Byrjun/Sigur Rós
Bem - Vinda Vontade/Mice Parade
LoveAFFAIR/FreeTEMPO
Pshychic/Buffalo Daughter
Songs For Silverman/Ben Folds
Sweet Spot/ゆらゆら帝国
Trace/Spangle Call Lilli Line
Union/Polaris
We're Already Gone/The Beautiful Girls
宇宙 ベスト・オブ・フィッシュマンズ/フィッシュマンズ
ヘッド博士の世界塔/Flipper's Guitar


一番聴いたのは、Air's Note/Takagi Masakatsuかな。電車の中でエンドレスリピート。
The Information/Beckは、思った以上によかった。ヘビーローテーション②。
The Eraser/Thom Yorke 早くレディオヘッドでアルバムでないかなぁ。これはこれでいいんだけど、物足りなさが。。
コヨミポッド/plingminは、Skyfield氏推薦のアルバムだけあって、いい。今年邦楽の中で上位にいる。
Sensuous/Corneliusは「Music」がすばらしい。
LOVER ALBUM/クラムボンは、いいアルバム。なんか和む。
[PR]
by ryoexit | 2006-12-17 22:41 | 音楽
2006年 12月 17日
今年読んだ漫画2006
今年○○したシリーズ。
人から借りて読んだものも入れておこう(順不同)。

「茄子」1-3 黒田硫黄
「大日本天狗党絵図」1-4 黒田硫黄
「月館の殺人」上下 佐々木倫子=漫画 綾辻行人=原作
「団地ともお」1-8 小田扉
「誰も寝てはならぬ」1-5 サライネス
「絶対安全剃刀」 高野文子
「ヒストリエ」1-3 岩明均
「寄生獣」1-10 岩明均
「ソラニン」1-2 浅野にいお
「虹ヶ原 ホノグラフ」 浅野にいお
「ヴィンランド・サガ」1-3 幸村誠
「わにとかげぎす」1 古谷実
「ぼくんち」1-3 西原理恵子

今年のヒットは、「ぼくんち」。
西原さんだから描ける漫画だね。
個人的に一番やられたのは、「ソラニン」。
2巻を電車の中で読んだのは失敗。電車の中で泣いちゃダメだよなぁ。
「寄生獣」はやっぱり名作。
今回全巻揃えてしまった。
「ヒストリエ」はこれから長い付き合いになりそうだ。
黒田硫黄が最近連載を始めたらしい。楽しみだ。

ちなみに、連載もので、長く続いているもの(バガボンド、20世紀~、など)は割愛しました。
[PR]
by ryoexit | 2006-12-17 21:32 | 小説・漫画
2006年 12月 17日
今年読んだ本2006
今年読んだ本を列挙(順不同)。

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」村上春樹
「羊をめぐる冒険」村上春樹
「アフターダーク」村上春樹
「ノルウェイの森」村上春樹
「カンガルー日和」村上春樹
「アルゼンチンババア」よしもとばなな
「今日の芸術」岡本太郎
「自分の中に毒を持て」岡本太郎
「建築をめざして」ル・コルビュジエ=著 吉阪隆正=訳
「錯乱のニューヨーク」レム・コールハース=著 鈴木圭介=訳
「集落の教え100」原広司
「informal」Cecil Balmond=著 金田充弘=日本語版監修 山形浩生=訳
「経済ってそういうことだったのか会議」佐藤雅彦 竹中平蔵
「海馬 脳は疲れない」池谷祐二 糸井重里
「ウェブ進化論」梅田望夫
「99%は仮説」竹内薫
「複雑な世界、単純な法則」マーク・ブキャナン=著 阪本芳久=訳
「イノベーションの達人! 発想する会社をつくる10の人材」Tom Kelley&Jonathan Littman=著 鈴木主税=訳


2回目、という本が多かった。
初めて読んだときとは、読むところ感じるところが変わっていたりして面白い。
しかし村上春樹が多いですね。
「海馬」とか「複雑な~」とか、今さらと言われそうな本だらけですが、
どれも面白かった。海馬には勇気付けられたな。
建築関係は雑誌を挙げだすときりがないので割愛。
そういえば最近「S,M,L,XL」を買ってぱらぱらと目を通して楽しんでるんだけど、
これを読破する日は来るのでしょうか。

しかし、こうやって並べてみると読んだ本が少ないですね。。
高校時代の方が全然読んでた気がするなぁ。
大学生になってめっきり読まなくなったけど、
東京に来てから電車での移動時間ができたせいもあって、
以前よりは本を読む機会が増えたけど。
活字中毒ではないけど、なにかオススメの本あったら教えてください。

せっかくだから読んだ本だけじゃなくて、
聴いたアルバムとか観た映画とか読んだ漫画とか観た展覧会とか出したコンペとか、
今年インプットしたり、アウトプットしたものは、きっと僕の財産だから忘れないようにメモしていこう。
[PR]
by ryoexit | 2006-12-17 13:05 | 小説・漫画
2006年 12月 11日
再見!/ククルカンproject#001『クローバー:冬』
お久しぶりです。
全然更新してなかったけど、僕は元気です。

10月から11月まで現場研修に行ってきてました。
今までスーツのままで半日見て回るといった具合でしか、現場を見たことがなかったので、作業着を着ていたこの一ヵ月半の経験を大きいと思う。
あれだけの職人が毎日体と手と頭をつかって、時間をかけて作り上げていくしか建築をつくる方法はないということを再確認しました。
図面の線一本一本が、何を意味していて、どういう風に職人が体を使ってそれを作っていくのかを想像することが少しは出来るようになりました。
そして、まだまだ勉強することがたくさんあることがよくわかりました。
これからも日々精進です。


さて、折角なので、今日みてきたものを。
ククルカンproject#001『クローバー:冬』
という舞台をNEWEST石川さん経由で知り、観に行く。
演劇はほとんど観た事がなかったので、100分近く目の前で演技をし続けている俳優さんたちに脱帽でした。
途中からは演技なのか、日常をみているのか分からなくなるくらいな感じで観てました。
身体とそこから発せられる声という最も根源的なツールで何かを伝える強さを感じた。
数十センチという距離で見れたこともすごくよかった。
b0044560_055775.jpg
石川さん達がデザインした会場。


それと土曜日も、三軒茶屋で演劇を観た。
こっちは、舞台のためにつくられた曲にベースで参加したということもあり、観に行く。
音楽が違和感なく舞台と融合しててよかった。


なんだか、演劇を結構観た週末でした。
また演劇を観に行こう。
[PR]
by ryoexit | 2006-12-11 00:57 | 日常



新宿勤務,建築社会人の日々。建築/都市/映画/小説/漫画/音楽/日常について思ったことを。
by ryoexit
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
建築・都市
映画
小説・漫画
音楽
日常
タグ
以前の記事
2010年 08月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
Links →
ライフログ
映画編
漫画編
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧