<   2005年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2005年 04月 23日
世界の中心で愛を叫ぶ
ついでだから、これについても。
えーっと、ちょっと前に見たんだけど、感想としては・・
「次の恋愛に向かう最高の形は?」ということをひたすら考えたら、こういうストーリーになりました、みたいな感じがした。
なんつーか、やりすぎ。出来すぎ。
途中まではなんとなくよかったし、泣ける部分もあるんだけど、見終わった後は、なんかいい気分にはなれん。
なんか脚本家の自己陶酔のようなもんを感じてしまう。
全然オープンエンドな感じがしないストーリー。
共感できる人いるのかな?あの完全無欠の構造を。
でも、めちゃめちゃ売れたということを考えると結構みんな共感しているのかも。。(俺はひねくれているな)
思うに人生というか人って、もっとゆるくて、どうしようもなくて、情けなくて、かっこ悪くて、泥臭くて。
そんな部分がある映画じゃないと共感できないかな。(そこを描いていないわけではないんだが、胡散臭い感じ。)
まあ、ある意味ではこんな極端なものを観たおかげで、そういうことを考えられたわけで。
そう考えると価値がない映画ではないかな。
コンセプトはめちゃめちゃしっかりしているということは確か。
というか、俺みたいな人が観る映画じゃなかった、というのが結論かも。
最近はいろんな意味で開いている映画が好き。


あ、なんか釈然としない理由がもうひとつあった。
それはエアーズロックに向かう方法と、ステレオタイプな現地人。
実際行ってきたから分かるけど、飛行機でひとっ飛びでかなり近くまで行けるだろ!と。
んで、あんな格好の人が車で連れて行ってくれるなんて、パックツアーでもないだろ!と。
あの車内のシーンですべてが冷え切りました。
でもまぁ、あそこはアボリジニの聖地だから撮影できないという理由なんだろうけど。
伝えたいことと、映画を撮る上での制約が嫌なバランスで表出しちゃってて痛い。。
作り手側がいるってことを思いっきり観てる人に感じさせちゃだめじゃないかな?
ところで小説ではちゃんと登っているのかな?
[PR]
by ryoexit | 2005-04-23 03:42 | 映画
2005年 04月 23日
21g
という映画を観た。
人が死ぬとき、その人がただの物体、物質になるとき、
その人の体重はわずかに減るらしい。
それはみな等しく21gという質量で表せるらしい。
つまり、人をその人たらしめている、あるいは求める求めざるに関わらず人が生まれながらに持っている、
脳内のシナプスか何かしらがもたらす、意識というか、精神というか、自己というか、esというか、
そういう部分の存在価値は、物理的に見れば皆「等しい」ということか。(あるいは、そういう部分は、とてもちっぽけなものだということなのか?この解釈は怪しいが、伏線としては有り得るかも。)
誰もが、それによってもたらされる何かしらの苦悩や苦痛を抱えていて、
でもそれには優劣、程度なんてものは存在しないんだよ、
そして、私も、あなたも、彼も、彼女も、彼らも、すべての人に苦悩や苦痛はある、
ということを言っている映画なのかな。


そういえばマルホランドでも思ったけど、ナオミ・ワッツは名優ですね。
存在感すんごい。
[PR]
by ryoexit | 2005-04-23 03:27 | 映画
2005年 04月 14日
ふぐ
昨日は、就活の面接で、東京に行った。
その帰りにちょうどスケジュールが合ったので親父と飲む事になった。
食べたのは「ふぐ」。
てっちり(ふぐ鍋)、てっさ(ふぐ刺し)、ふぐの唐揚げ、ふぐの白子(これが一番うまかった!!!)など、普段学食で細々と食べている俺には信じられない内容。
まじでうまかった~。
親父と色んな話ができて、いい時間を過ごせたなぁ。
なんか幸せを感じた一日でした。
[PR]
by ryoexit | 2005-04-14 21:40 | 日常
2005年 04月 13日
散髪
明日面接があるということもあって、髪を切った。
前髪がやけに短い気もするが、結構気に入っている。
というか、どうして昔はあんなに前髪を長くしていられたのだろうか?
うっとおしくて仕方がないじゃないか。
…とか、こんなこと言っておいて1年後に、今の髪形をした自分の写真を見て
「これ有り得ないよね、短すぎなくね?」とか平気で言っている俺の姿が目に浮かんでしまう。
というわけで、前髪が短くなりましたよ、と。
[PR]
by ryoexit | 2005-04-13 00:36 | 日常
2005年 04月 12日
トンネル
ここ何日かで、最近自分の中で反芻していた問題がなんとか消化されつつある。
完全に個人的なものなので、ここに書いてもどうなるわけでもないけど。
なんか曲がりくねって先が見えない長いトンネルをすっと抜けた感じ。
こういうときってあるよね?
[PR]
by ryoexit | 2005-04-12 11:26 | 日常
2005年 04月 07日
Lost Highway
4度目の登場、David Lynch(デヴィッド・リンチ)監督の作品。
この人の作品に対する評価って、「いいよねー」って人と「全然わかんねぇ」って人に2分できるような気がするな。
観る側を突き放してるから。
俺は、その映像の雰囲気とか、空気感とか、音楽とか、
なんかストーリーとは違うところにまず惹かれて、
でも内容もよく理解できない部分がいっぱいあるから知りたくなって、
色々と、解読というか解釈しようとしたんだけど、
やはり俺の足りない頭じゃどうも無理っぽいと気づいて。
理路整然と語ることができない世界があるんだ、
くらいのところで、難しく考えながらこの監督の作品を観るのをやめちゃった。
でも、やっぱりふとした瞬間に
「あれーっ?どうして?」みたいに、どうしてもその因果関係がはっきりしないと
なんだか納得いかない自分がいたりして。
なんとも人って「考える」ことをやめることが難しい生き物なのね、と感じたわけだ。
[PR]
by ryoexit | 2005-04-07 21:52 | 映画
2005年 04月 07日
今日は
めちゃめちゃあったかかったなぁ。
布団とか干したし。
しかし、最近ちょっとのんびりしすぎてるかも。
やるべきことはあるんだけど、
どうも休みがあんまりなかったせいで、その反動が来ている感じだ。
そろそろ、エンジンかけないとな。
と思いつつ、長編小説「ねじまき鳥~」を読み始めちゃった。
ムラカミハルキ、今更だけどやっぱりいいね。
最近存在を知ったデビッド・リンチとリンクする部分を感じてしまう。

そういえば、少・中・高の頃は、比較的読書してたのに大学入ってからあんまり読まなくなってた。
最近また読むようになって気づいたけど、やっぱ本読むのはいいね。
[PR]
by ryoexit | 2005-04-07 01:41 | 日常
2005年 04月 01日
Blue Velvet(ブルー・ベルベット)
またまた登場、David Lynch(デヴィッド・リンチ)監督の作品。
マルホランドと比べたら、まだストーリーの骨格は見えやすかったかな。
でも、ある部分で「あれっ?!」ってなったけど、そのことを消化していないので、また見ようかと思っているところ。

映画って何をもって「いい映画」とするのかは、色々あると思うんだけど、
俺は、「あるシーンもしくはそのシーンのときに受けた感覚が、ふとした瞬間に鮮明に降って来る映画」っては、いい映画だと思っているかな。
自分の脳のどこかとシンクロする映画、というか。
そんなのにめぐり合うために、映画を観ているのかもしれない。

ところで、俺ってたまに夢で見たことが現実と混同することがあって・・・(やばいよねぇ)
まぁ、それは朝起きて少しの間だったりするわけだけど。
結構前だけど、ひどかったのは、スピ○ツのマサ○ネがなんかの病気で死んじゃう、っていう縁起でもない内容の夢を見たんだけど、
ヤフーかなんかで確認するまで、それが夢だって確信できなったからなぁ…
[PR]
by ryoexit | 2005-04-01 19:02 | 映画



新宿勤務,建築社会人の日々。建築/都市/映画/小説/漫画/音楽/日常について思ったことを。
by ryoexit
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
建築・都市
映画
小説・漫画
音楽
日常
タグ
以前の記事
2010年 08月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
Links →
ライフログ
映画編
漫画編
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧