カテゴリ:日常( 85 )
2006年 08月 02日
コンペ三昧
最近、コンペ三昧だ。

とりあえず、7月頭に短い期間で仕上げた(ケータイ無くしたときの)コンペの作品が、
すでに1次審査的なものは突破していたのだが、この日に2次審査的な公開審査があり、結果、全国大会でプレゼンすることが決まった。
まだ、最終プレゼがあるので詳細は伏せておきますが、嬉しかったので載せちゃいます。
b0044560_059305.jpg
これは公開審査の様子。奥のほうで審査してます。



帰りに今取り組んでいるコンペの敷地調査。
地下鉄から外に出ようとすると異様なピンクが目に入る。
b0044560_122398.jpg

出たらこんな空でした。
b0044560_131225.jpg


しかし今更ながら、日本橋ってのはかなり独特な場所になってますよね。
b0044560_142785.jpg

そして、首都高の地下化がほぼ決まったようなニュースを見たのですが。
果たしてこういうことの繰り返しでいいのか、個人的には疑問です。
[PR]
by ryoexit | 2006-08-02 23:50 | 日常
2006年 07月 29日
さよなら ナム・ジュン・パイク展
に行ってきた。

展覧会全体に点在して掛けられている彼の言葉の数々、それが非常に印象に残った。

人間は間違いをする自由をもたなくてはね。それはとても大事なことだ。
いちどテープにうつってしまえば、人は死ぬことを許されない。
ビデオ・テープは、巻き戻すことが出来る。でも人生は巻き戻しは出来ない。
―ナム・ジュン・パイク―


あと、自分が興味を持つものの幅が少し拡がったなぁ、と感じたのは、「ユーラシアン・ウェイ (1993年)」っていう作品を見たとき。
この作品は彼(か彼の弟子みたいな人たち)がアジアを横断するときに買い集めた日用品や映像や音を、インスタレーションにして展示しているもので、
今までだったら全体がどうできているか(どういうコンセプトか)を見たら素通りしてしまうタイプのものだったのだけど、今回は雑多に置かれている日用品ひとつひとつにも非常に興味が出てきて、いろんな想像を膨らませて楽しんでました。
こんな生活してたのかなぁ、いやーどうだろな、って。


話はちょっとそれて、ワタリウム美術館はエレベータで展示室間を移動するんだけど、ちょっとエレベータが一般にありそうなやつなので、乗るたびに現実に引き戻されそうな気分になる美術館だった。
マリオ・ボッタさん、あの敷地じゃどうにもならんかったのかな?


話は戻って、これを見て僕は彼(ナムさん)のことが大好きになりました。
b0044560_124030.jpg

[PR]
by ryoexit | 2006-07-29 23:09 | 日常
2006年 07月 11日
ケータイ、見つかりました
誰かが僕のケータイを拾ってくれて、警察に届けてくれたらしい。
警察がauの方に連絡してくれて、その後auから僕の方に通知があった。

という訳で、ケータイが一週間ぶりに帰って来た。
ほんと、誰だかわかんないけど、どうもありがとう、と言いたいです。
そして、皆さんお騒がせしました。すいません。

しかしね、ケータイがなくなって困ったことはふたつ。

臨時のときに連絡が取れないこと。
今までのメモリーが全部なくなるということ。

特に2つ目は心底困った。

教訓:
ケータイのメモリは外部に保存した方がいい。
いつどこで何があるか分からないから。
[PR]
by ryoexit | 2006-07-11 22:37 | 日常
2006年 07月 07日
ストイックな彼が興味持つ業界
中田氏NY拠点で空間デザイナー

結構ビックリした記事。

渦中の彼が選択した次の道は、デザインだったのですね。
あれだけのバイタリティに溢れるというか、ストイックさを持つ彼(実際会ったことないから確かじゃないけど。。)が、興味を持ったのがデザインだったとはね。
この業界をかき回す存在になるのでしょうか?

ところで、空間デザイナーってインテリアデザイナーのこと?
そのあたりの言葉、よくわかりません。。
建築設計にまで足を踏み入れるのでしょうか?
[PR]
by ryoexit | 2006-07-07 23:55 | 日常
2006年 07月 06日
徹夜でケータイ紛失
先週から今日までの1週間かけて、新入社員のメンバーで、あるコンペに出すという研修をやった。
コンペって後半になるとどうしても切羽詰ってきてしまう、というのがよくある話でして、今日、無事に終えることが出来たのだけど、今回その切羽詰った状況が副産物(?)を生んでしまった。。

月曜から火曜にかけて、切羽詰ってきたプレゼン作成をするために初めて会社に泊まったのだけど、火曜の夕方あたりになって、ふとケータイが無くなった事に気が付いた。
ケータイがあることを最後に確認したときから(火曜の明け方には見てた)、デスクを離れたのはトイレに行ったときと、打ち合わせで会議室に行ったときだけだったはずなのに、デスク回り、トイレ、会議室を探しても一向に見つからない。
泊まってクタクタになってどっかに置いてきてしまったのか(でもご飯も食べずに作業してたからどっかなんて行きようが無い)。。

先輩の様子を見ると、これから先、会社に泊まることなんてざらにありそうなのに、初の徹夜にしてこんな状態。
果たして、これからこういう状況でどんな副産物が生まれるのか、不安になった。

てか、それ以上になくしたケータイが見つかりそうになくて困ったなぁ。

もし連絡取れないよ、って方がいたらここに書き込むでもいいので連絡ください。

そして、もしケータイを新しくするしか方法がなさそうな場合は、電話番号とメールアドレスなどを送ってくれると非常に助かります。
そうなった場合はまたここに書き込みますので、そのときはよろしくお願いします。
[PR]
by ryoexit | 2006-07-06 03:42 | 日常
2006年 07月 04日
Dialog in the Dark 2006 TOKYO
去年、本江先生の授業で紹介されて、興味を持ったイベントが東京で開催されるらしい。

Dialog in the Dark 2006 TOKYO
聴覚、触覚、嗅覚、味覚など、視覚以外の感覚を使って体験する、ワークショップ形式の「暗闇のエンターテイメント」。

今年の夏のうちに絶対に行っておこうっと。

本当に視覚が全く使えない状況に立つと、どういう事を感じるんだろうか。
そして、その状況を日常として生活している人(イベントではかれらが案内人になってくれます)は何を感じてて、その状況で自分は何をどういう風に感じ取れるんだろうか。
今から楽しみでしょうがない。
[PR]
by ryoexit | 2006-07-04 23:51 | 日常
2006年 06月 30日
レンズに入ってきた光を感知する
という機構であるカメラ(実際きちんとしたことは知りませんが。。)。

カメラは目に見えているものをそのまま写してくれるというもの、として認識されやすい。というか僕はそれに近い感覚でいた。
でも最近、マニュアル操作の出来るカメラを使うようになってから、それは少し変わった。

目に見えるものと違う、という意味で面白いのが夜に撮る写真。
b0044560_093293.jpg
b0044560_010027.jpg
b0044560_0102431.jpg


b0044560_011698.jpg
b0044560_0104410.jpg
b0044560_0114230.jpg


なんかもっと面白いことできそうだなぁって思ってたら、徹底してその面白さを追及している人がいた。

坂口トモユキ

ぬめっとした質感。
日常的な団地の風景のはずなのに、まるで映画のセットのような世界。
ゾクっとする写真がいっぱいあった。
[PR]
by ryoexit | 2006-06-30 00:23 | 日常
2006年 06月 27日
横浜・八景島シーパラダイス
ここに行ったのは結構前のことになるのだけど、アップしてなかったので今になってアップ。

b0044560_1331070.jpg
エントランス近くにいたきれいな色の魚。名前忘れた。。

b0044560_1331670.jpg
どう見ても犬だ、こいつは。
ゴマフアザラシ(アシベのゴマちゃんね)の子どもだって。
アザラシって実はイヌ科らしいよ。

b0044560_133528.jpg

b0044560_1332944.jpg
b0044560_13436.jpg
おっきな水槽。なんかそれぞれが思うがままに過ごしてる感じだった。

b0044560_1342073.jpg

b0044560_1341333.jpg
クラゲ。
きれいだわ、こいつら。・・・照明のおかげなのか?わからん。
しかし、ほんと彼らは何を考えて生きてるんでしょうか?

b0044560_1342875.jpg
最後は、天使とか呼ばれてる彼。
実際獲物を食べる姿は相当エグイらしい。

あー、写真見てるだけでも癒されるわ。
癒されたといえば、ショー。
シロイルカ、かわい過ぎました。
写真うまく撮れなかったけど。
また会いに行きたい。
[PR]
by ryoexit | 2006-06-27 01:43 | 日常
2006年 06月 19日
叙々苑で焼肉
この日は、同僚と叙々苑に行った。
b0044560_23482384.jpg

てかね、普段だったら、絶対、行かないとこでした。
偶然、同僚に以前働いていた人がいたので、かなりサービスしてもらっておいしくお肉頂けたわけ。
うまかったわ、さすがに。

でも、座った席が丁度2つの網の真ん中で、どっちの肉取っていいか分かんなくて結構困った。
結局、両方から取ってたけど。
これから焼肉では、席座るとき気をつけよう。
[PR]
by ryoexit | 2006-06-19 23:39 | 日常
2006年 06月 15日
この星 野口里佳
写真家・野口里佳の写真集が、今日届いた。

青山ブックセンターで見かけて、重そうだから後で買おうと思ってから早2年。
どこ行っても見つからなくて、メディアテークのナディフでも探してもらったのだけど見付からず、最近はいい加減諦めていた。
そんな矢先mixiのコミュニティで、アマゾンの海外経由なら買えるという情報をゲット。
すぐに注文した。

待つこと2週間、それが今日届いたというわけ。
b0044560_21483814.jpg

自分が手を触れることで世界が変わってしまうなら、それはよくないことだと思っていた。でも今は自分も世界の一部だと思っている。だから私は世界に触れてもいいのだと思うようになった。 ― 野口里佳


写真となると特に、なんで好きかがうまく言えないんだけど、とにかくいつでも彼女の写真が見れるというのはなんだか嬉しいものです。
[PR]
by ryoexit | 2006-06-15 21:47 | 日常



新宿勤務,建築社会人の日々。建築/都市/映画/小説/漫画/音楽/日常について思ったことを。
by ryoexit
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
建築・都市
映画
小説・漫画
音楽
日常
タグ
以前の記事
2010年 08月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
Links →
ライフログ
映画編
漫画編
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧