2006年 07月 29日
さよなら ナム・ジュン・パイク展
に行ってきた。

展覧会全体に点在して掛けられている彼の言葉の数々、それが非常に印象に残った。

人間は間違いをする自由をもたなくてはね。それはとても大事なことだ。
いちどテープにうつってしまえば、人は死ぬことを許されない。
ビデオ・テープは、巻き戻すことが出来る。でも人生は巻き戻しは出来ない。
―ナム・ジュン・パイク―


あと、自分が興味を持つものの幅が少し拡がったなぁ、と感じたのは、「ユーラシアン・ウェイ (1993年)」っていう作品を見たとき。
この作品は彼(か彼の弟子みたいな人たち)がアジアを横断するときに買い集めた日用品や映像や音を、インスタレーションにして展示しているもので、
今までだったら全体がどうできているか(どういうコンセプトか)を見たら素通りしてしまうタイプのものだったのだけど、今回は雑多に置かれている日用品ひとつひとつにも非常に興味が出てきて、いろんな想像を膨らませて楽しんでました。
こんな生活してたのかなぁ、いやーどうだろな、って。


話はちょっとそれて、ワタリウム美術館はエレベータで展示室間を移動するんだけど、ちょっとエレベータが一般にありそうなやつなので、乗るたびに現実に引き戻されそうな気分になる美術館だった。
マリオ・ボッタさん、あの敷地じゃどうにもならんかったのかな?


話は戻って、これを見て僕は彼(ナムさん)のことが大好きになりました。
b0044560_124030.jpg

[PR]
by ryoexit | 2006-07-29 23:09 | 日常
<< コンペ三昧 十二人の怒れる男 >>



新宿勤務,建築社会人の日々。建築/都市/映画/小説/漫画/音楽/日常について思ったことを。
by ryoexit
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
建築・都市
映画
小説・漫画
音楽
日常
タグ
以前の記事
2010年 08月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
Links →
ライフログ
映画編
漫画編
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧