2006年 06月 04日
二つの山 - 畠山直哉 バルタザール・ブルクハルト -
日曜日だし、いつも調布で一級の勉強もどうかと思って、この日は仙川に行く。

んで折角なので、安藤忠雄設計の東京アートミュージアムに向かう(コレが目的だったのかも。。)。
b0044560_2354927.jpg


二つの山 -畠山直哉 バルタザール・ブルクハルト -

という展覧会を見る。
前回のバルタザール・ブルクハルトを見逃しているのが残念。
でも、畠山直哉のウソみたいに美しい光を見て大満足。
写真の半分上が山で下が街という構図で、山のほうは夕方みたいに晴れてて明るいのに、街はほとんど夜で家々の明かりがぼわぁっとしているのが同在している写真がすごくよかった。
あと、雪がとにかく白く写っていて、それが地になって人だったりが図としてはっきりと現われている写真も美しい。

建築そのものは、光がいろんなところから入るようになっていて、内部空間として気持ちがいいのだけど、今回の展示に関して言えば、写真を保護するために額縁に嵌め込まれたアクリルに外から入ってきた光が乱反射して作品が見づらかった。
あと、座ってぼーっとしたりとゆっくりできる場所が欲しかった。
気持ちいい空間なのに、居場所がないのはちょっと勿体無い。
b0044560_23172167.jpg
(ちなみに内観は写真撮影不可でした。…なぜ?日本の美術館ってこういうことが多い。ヨーロッパの美術館とか放置なとこだらけだった気がする。)


あ、そうそう、仙川って案外いい街でした。
たまに寄り道してゆっくりしたい。
[PR]
by ryoexit | 2006-06-04 23:02 | 建築・都市
<< corneliusが新譜 偶然の出会いが多い日 >>



新宿勤務,建築社会人の日々。建築/都市/映画/小説/漫画/音楽/日常について思ったことを。
by ryoexit
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
建築・都市
映画
小説・漫画
音楽
日常
タグ
以前の記事
2010年 08月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
Links →
ライフログ
映画編
漫画編
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧