2006年 03月 11日
東京都現代美術館/転換期の作法
東京都現代美術館で「転換期の作法~ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーの現代美術」を観てきた。

この展覧会では、中東欧地域(ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリー)の現代美術を紹介している。
この4カ国は、1989年に社会主義体制が崩壊、2004年にはEUへの加盟を果たしたが、古い価値体系が覆された後にやってきたのは、必ずしもユートピアという訳ではない。弱者救済の措置が十分に執られることもないまま、貧富の差は開く一方。
そんな「資本主義的ジャングル」の渦中にいる作家たちによる作品が並ぶ展覧会。
b0044560_0592135.jpg


気になったのは、4人グループの「AZORRO(アゾロ)」。
映像を主とした作品で、4人がただ、だらだらと話したり、ちょっと街でいたずらをしてみたり、とゆる~い空気感を放っている。
『「Everything has been done 1 2.(全てやられてしまったⅠⅡ)』は、「まだ誰もやっていないことをやろう」と、4人でアイディアを出し合うが、「それはもう○○がやってる」とか言って、結局議論は全く先に進まない。
b0044560_2325311.jpg

なんだか、誰しも一度はした事のありそうな会話が淡々と流れている映像が、妙に可笑しくもあり、ちょっと美しくもあった。
[PR]
by ryoexit | 2006-03-11 15:33 | 建築・都市
<< My Architect ディズニーシー >>



新宿勤務,建築社会人の日々。建築/都市/映画/小説/漫画/音楽/日常について思ったことを。
by ryoexit
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
建築・都市
映画
小説・漫画
音楽
日常
タグ
以前の記事
2010年 08月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
Links →
ライフログ
映画編
漫画編
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧