2005年 04月 23日
世界の中心で愛を叫ぶ
ついでだから、これについても。
えーっと、ちょっと前に見たんだけど、感想としては・・
「次の恋愛に向かう最高の形は?」ということをひたすら考えたら、こういうストーリーになりました、みたいな感じがした。
なんつーか、やりすぎ。出来すぎ。
途中まではなんとなくよかったし、泣ける部分もあるんだけど、見終わった後は、なんかいい気分にはなれん。
なんか脚本家の自己陶酔のようなもんを感じてしまう。
全然オープンエンドな感じがしないストーリー。
共感できる人いるのかな?あの完全無欠の構造を。
でも、めちゃめちゃ売れたということを考えると結構みんな共感しているのかも。。(俺はひねくれているな)
思うに人生というか人って、もっとゆるくて、どうしようもなくて、情けなくて、かっこ悪くて、泥臭くて。
そんな部分がある映画じゃないと共感できないかな。(そこを描いていないわけではないんだが、胡散臭い感じ。)
まあ、ある意味ではこんな極端なものを観たおかげで、そういうことを考えられたわけで。
そう考えると価値がない映画ではないかな。
コンセプトはめちゃめちゃしっかりしているということは確か。
というか、俺みたいな人が観る映画じゃなかった、というのが結論かも。
最近はいろんな意味で開いている映画が好き。


あ、なんか釈然としない理由がもうひとつあった。
それはエアーズロックに向かう方法と、ステレオタイプな現地人。
実際行ってきたから分かるけど、飛行機でひとっ飛びでかなり近くまで行けるだろ!と。
んで、あんな格好の人が車で連れて行ってくれるなんて、パックツアーでもないだろ!と。
あの車内のシーンですべてが冷え切りました。
でもまぁ、あそこはアボリジニの聖地だから撮影できないという理由なんだろうけど。
伝えたいことと、映画を撮る上での制約が嫌なバランスで表出しちゃってて痛い。。
作り手側がいるってことを思いっきり観てる人に感じさせちゃだめじゃないかな?
ところで小説ではちゃんと登っているのかな?
[PR]
by ryoexit | 2005-04-23 03:42 | 映画
<< バンド2つ 21g >>



新宿勤務,建築社会人の日々。建築/都市/映画/小説/漫画/音楽/日常について思ったことを。
by ryoexit
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
建築・都市
映画
小説・漫画
音楽
日常
タグ
以前の記事
2010年 08月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
Links →
ライフログ
映画編
漫画編
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧