2005年 03月 28日
The Straight Story
David Lynch(デヴィッド・リンチ)監督の作品。
生きることをひたすら考えさせられた。
彼の他の作品と比べると、ちょっと雰囲気が違うが、それでも好きだ。
どうして目もあまり見えない、ほとんど歩けない彼が、自身の力のみを頼りに進むのか。
目標へ向かうこと、それの繰り返しが人生なのか。
いくつになっても、何かに対して「意志」を持ち続けなければ、人生なんて苦痛だけなのかもしれない。
もちろん、それがあったところで苦痛が消えるわけではないだろうけど。
それでも、道は続くのさー。


ハローもグッバイもサンキューも言わなくなって
こんなにもすれ違ってそれぞれに歩いていく
from「くるり/ワンダーフォーゲル」

ふと、思い出した歌詞でした。
映画とは関係ない。

マシマロは関係ない。(蛇足!)
[PR]
by ryoexit | 2005-03-28 23:48 | 映画
<< Marholland Driv... 都デ2005追いコン+ふじわら... >>



新宿勤務,建築社会人の日々。建築/都市/映画/小説/漫画/音楽/日常について思ったことを。
by ryoexit
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
建築・都市
映画
小説・漫画
音楽
日常
タグ
以前の記事
2010年 08月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
Links →
ライフログ
映画編
漫画編
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧